高校部EX【2021年合格メッセージ】②

2021入試 合格者からのメッセージ 高3生

一橋大[商]

●川越高校 K.T.くん 校舎:EX

 私は元々、現代文の出来が壊滅的でした。それを何とかしたいと思い、複数の塾で体験授業を受けました。その中で、山手学院は最も生徒と先生の距離が近く、質問がしやすい環境だったので、山手学院高校部EXに入塾することに決めました。さらに数学の体験授業も受けてみたところ、良問ぞろいの教材で、解説も分かりやすく、すばらしい解法を得られたため、現代文に加え数学の授業も受講することに決めました。
 山手学院高校部EXに入塾する前は、現代文は感覚やセンスでしか解けないと思っていました。そんな私に、山手学院の現代文は、誰もが現代文を「解ける」ように、指示語や接続詞など、日本語の語法的な観点から、論理的かつ客観的な解法を多くの問題を通じて教えてくれました。その結果、現代文は言語ゲームみたいなもので、センスがなくても合格点以上はとれるようになるものだと感じるようになりました。そして、苦手だった現代文は、最終的には共通テストでも二次試験でも、会心の出来となりました。他の教科をカバーしてくれるほどの出来で、とても助けられました。
 数学については、参考書でいわゆる典型問題は解法暗記をしていました。しかし、入試レベルの問題は、何を解いて学べばよいのか分からない状態でした。そんな私をしっかりサポートしてくれたのが山手学院高校部EXの数学の教材と授業でした。高3のはじめに配布された『ROOT』という教材には、入試レベルの典型問題など良質な問題が多数収録されていて、数学の入試問題に取り組むための土台をしっかりつくってくれました。さらに、後に配布された『EXCEED』という教材には、文系数学最高難度の問題が多数収録されており、どの問題もやりごたえがありました。その上、毎回の授業で、自分の解法と先生の解法のエレガントさの違いに驚かされました。このテキストで学んで最も良かった点は、後半部分に収録されている「東大と一橋大の20ヶ年分の全入試問題」を使った課題学習です。先生が授業のたびに東大と一橋大それぞれ一年分の問題の解法を赤本よりもはるかに分かりやすく書いてきてくれます。この解答集のおかげで、赤本等の謎(?)の解説に苦しめられずに、毎回すんなりと解法を理解し定着させることができました。
 このように、山手学院は最高の学習を提供してくれる場であると思います。