高3 英語

習熟度に併せて計画的に学習
長文も文法も英作文もリスニングも山手学院にお任せください。

高3 英語講座
高3 スーパー難関英語 S1はコチラから
高3 スーパー難関英語 S2はコチラから
高3 トップレベル英語はコチラから
高3 ハイレベル英語はコチラから
高3 スタンダード英語はコチラから
高3 入試対策ゼミはコチラから

習熟度に併せてステップアップ

 近年の大学入試では従来型の文法中心の出題ではなく、長文読解や英作文、リスニングの出題比率が高まっています。これらの出題比率が高い分野でバランスよく得点していくことが合格を手にする一番の近道となります。
 ただし、英語を正しく読んだり、書いたり、聞いたりするためには、その土台となる文法の知識は必要不可欠です。
 山手学院高校部の入試対策英語講座では、習熟度に併せて、クラスごとに異なるスタートラインから入試対策を始めます。
 「英語は苦手…」という人や、「英語の長文が読めない…」という人は、まずは文法の知識をしっかり身につけることから始めましょう。山手学院の授業では、それらの文法の知識がどのように「読むための知識」、「書くための知識」、「聞くための知識」につながっていくかについても同時並行で学習していきます。
 最難関大を目指す人、英語が得意でその力をもっと伸ばしたい人は、早期に本格的な英文解釈・長文読解に取り組み、総合問題演習を始めます。難度の高い長文を文脈や流れに任せるのではなく「確実に」読みこなせる力をつけていきます。英作文も重要例文暗記や添削指導を通して確実に点数が取れるような作文力を段階的に身につけます。全クラスの共通課題として、単語力アップ・語彙力アップ・リスニング力アップにも取り組みます。

英語の完成度が合否を分ける。春から全力で英語に取り組もう!

 大学入試において、英語は合否の鍵を握る教科となります。得意な人と苦手な人で大きく得点差のつく教科です。英語を得意教科にすること。それが大学受験生の重要課題です。少なくとも、入試で足を引っ張らないレベルには仕上げておかなければなりません。
 英語は、一度得意になってしまえば、練習の仕方次第でどんどん得点力を伸ばせる教科です。安定して高得点を狙い続けることも可能になります。逆に、一度苦手になってしまうと、克服するのに非常に多くの時間が必要となる教科でもあります。「英語ができる!」 そう思えるようになるまで、春から全力で英語に取り組んでいきましょう。
 単語や文法事項の地道な暗記だけでは対応できない問題が増えています。山手学院では英語が正しくとらえられるようになる考え方や学習法を授業中はもちろん、授業外の課題指示まで踏み込んで指導します。
 1年間、適切な学習法で、あきらめないで、投げ出さないで、継続的に取り組み続けていきましょう。「英語の力をつけたい」そんな受験生を山手学院高校部教師陣がしっかりサポートします。