今年の干支は「丙申」

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

今年の干支は「丙申(ひのえさる)」

もともと干支とは

十二支と

十干【甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸】

を組み合わせたものだそうです。

丙申の2つの漢字にはそれぞれ意味があり

「丙(ひのえ)」には「明らか」という意味があって

樹木の成長に例えると「形が明らかになってくる頃」を指すそうです。

また「申(さる)」という字は

樹木の成長に例えて「果実が成熟して固まって行く様子」を表しているそうです。

 

この2つの漢字の組み合わせから

「丙申(ひのえさる)」の年を

「これまで日の目を見なかったことが形となって現れて来る」年

という人もいます。

「これまでの頑張りが形になっていく」年

「これまで気づけなかったことに気づく」年

なんて紹介のされ方もしています。

2016年は形がはっきりしてきて、だんだん固まっていく成長段階の年

のようです。

「頑張ってきた人の努力が形になっていく年」と定義した人もいます。

 

なんていい年なんだ!

 

これはもう頑張るしかありません。

全力でこの1年、駆け抜けていくしかありません。

気分を一新して

新しい野望を胸に秘めて

毎日、成長していく、カタチになっていく自分を楽しんでいきましょう。

 

受験生の努力がカタチに現れる年でありますように

今までの頑張りが将来への大きな土台となって固まっていく年でありますように

 

みんなと毎日の少しずつの成長を積み上げながら

1年間でビックリするほど

大きな成長をつかみ取っていきたいと思います。

 

また今年も挑戦し続けていきましょう。

みんなと学び続けることを楽しみにしています。