高3 ハイレベル 現代文・古典

MARCHレベルの私立大学 入試対策

授業時間 週160分
設置校舎 高校部本川越校・所沢校
対象 明治・青山学院・立教・中央・法政・学習院などの難関私立大学を目指す高3生
基本レベルの読解・語彙の基準をクリアした上で、国語の成績を上位で安定させたい人にオススメです。

授業内容

160分の授業時間を、80分は現代文、80分は古典の学習に充てます。

◎現代文:入試現代文の攻略法を学ぶ

 現代文は、特に対策しなくても何となくできてしまう人もいます。しかし、結果が出ていない人やテストにより成績が乱高下する人は、今までのやり方を改善することが必要です。現代文の読解方法をきちんと身につけましょう。入試の現代文には、解答に行き着くまでを論理的に説明できる「道筋」が設定されています。本講座では、その道筋を見つけるための文章の読み方・注意すべき語句・選択肢の識別法を解説し、問題演習を通じて身につけていきます。また、ジャンルごとに厳選された文章を数多く読むことで、読解のベースとなる思想や文化への造詣を高めていきます。

各期の学習内容:現代文

期間 主な学習内容
3月~7月 評論の読み方/選択肢設問・論述設問の観点
夏期講習 評論の入試問題演習
9月~12月 共通テスト対策および私大現代文演習
冬期講習・1月 知識の強化および総合演習

◎古典(前期):文法を、暗記ではなく、「使える知識」にしよう

 古典文法はただ覚えるだけではダメ!読解に活かせなければ意味がありません。授業では、文章の中で用いられている文法事項を中心に、古典文法の総復習を行います。さらに毎週、古文単語テストを実施。知識事項を固めます。

◎古典(後期):本格的に入試問題に挑戦

 前期に学んだ文法知識を利用して、①主体判定、②敬意対象の指摘、③和歌の解釈 を中心とした読解演習を行います。スタンダードな王朝古文からスタートして、直前期には歌論や国学に関わる文章まで,背景となる知識もあわせて整理します。

各期の学習内容:古典

期間 主な学習内容
3月~7月 用言と助動詞が絡む問題。敬語の利用と助詞の活用
夏期講習 和歌解釈の方法と古文常識の活用
9月~12月 文章ジャンル毎の主体の判断。速読速解の意識付け、文学史の完成
冬期講習・1月 入試古文の演習【志望校の対策】