高3日本史 ハイレベル 日本史

1年間で日本史全範囲の重要ポイントを完全マスター

  • 150分講座
  • 設置校舎:本川越校・所沢校
  • 対象:国公立大学および難関&中堅私立大学を目指す高3生

授業内容

◎歴史を因果関係でとらえる

大学受験の日本史は用語が多く内容も複雑です。知識を効率よくしっかりと定着させるためには、歴史の流れを重視し、事件や政策などを、「原因理由と結果」の関係でとらえることが大切です。一つの「原因理由と結果」のセットが、新たな出来事の原因理由になっている場合も少なくありません。こうしてコンテクストとして歴史をつかまえながら、歴史用語を覚えていけば定着率が格段に上がっていきます。

◎紛らわしい正誤判定問題を意識した学習

正誤判定問題で問われやすい部分などは、必ず注意を促し、ワナがどのようにしかけられるかを説明します。出題者のワナの仕掛け方を心得ていれば、入試問題も難なく処理することができるでしょう。

各期の学習内容

期間 主な学習内容
3月~7月 通史〔古代史~近世史の学習〕
夏期講習 通史〔近現代史の学習〕(明治)
9月~12月 [9月~10月] 通史[近現代史の学習](大正~昭和)
[11月~12月] テーマ史の学習
冬期講習・1月 近現代史総合演習