山手学院高校部本川越校 | 埼玉県川越市の塾

山手学院高校部 本川越校

【2021年度の時間割】はコチラから

【2021入試 合格者からのメッセージ】はコチラから

教室情報

  • 住 所 埼玉県 川越市 中原町2-2-1 2F
  • 電話番号 049-229-2211
  • 最寄駅 西武新宿線 本川越駅(徒歩3分)
4
自習室 1:00 PM
自習室
4月 4 @ 1:00 PM – 9:00 PM
 
6
自習室 1:00 PM
自習室
4月 6 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
7
自習室 1:00 PM
自習室
4月 7 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
9
自習室 1:00 PM
自習室
4月 9 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
10
自習室 10:00 AM
自習室
4月 10 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
11
自習室 1:00 PM
自習室
4月 11 @ 1:00 PM – 9:00 PM
 
12
自習室 1:00 PM
自習室
4月 12 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
13
自習室 1:00 PM
自習室
4月 13 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
14
自習室 1:00 PM
自習室
4月 14 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
15
自習室 1:00 PM
自習室
4月 15 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
16
自習室 1:00 PM
自習室
4月 16 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
17
自習室 10:00 AM
自習室
4月 17 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
18
自習室 1:00 PM
自習室
4月 18 @ 1:00 PM – 9:00 PM
 
19
自習室 1:00 PM
自習室
4月 19 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
20
自習室 1:00 PM
自習室
4月 20 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
21
自習室 1:00 PM
自習室
4月 21 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
22
自習室 1:00 PM
自習室
4月 22 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
23
自習室 1:00 PM
自習室
4月 23 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
24
自習室 10:00 AM
自習室
4月 24 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
25
自習室 1:00 PM
自習室
4月 25 @ 1:00 PM – 9:00 PM
 
26
自習室 1:00 PM
自習室
4月 26 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
27
自習室 1:00 PM
自習室
4月 27 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
28
自習室 1:00 PM
自習室
4月 28 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
29
自習室 10:00 AM
自習室
4月 29 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
30
自習室 1:00 PM
自習室
4月 30 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 

山手学院高校部本川越校 2021年度の予定

【4月の予定】
04月01日(木) 春期講習第Ⅲ期開始 
04月08日(木) 4月授業開始

高校部本川越校 授業動画

高3

トップレベル英語 4/2(金)

ハイレベル日本史 4/2(金)

トップレベル英語 4/3(土)

ハイレベル日本史 4/10(土)

ハイレベル古典 4/10(土)

トップレベル英語 4/13(火)

ハイレベル化学 4/17(土)

ハイレベル日本史 4/17(土)

山手学院高校部本川越校のご紹介

キミのチャレンジを応援します。

 高校3年間は、大きな成長のチャンスにあふれています。将来につながる3年間を充実したものとするために、山手学院高校部は、一人ひとりの目標達成を親身にしっかり応援していきます。
 山手学院高校部は、『山手学院高校部は高校生に最も役立つ指導を実践する高校生専門塾 』です。
 高校の進度も考慮した柔軟で特別なクラス編成と学習指導により、進度も内容も、高校の勉強にしっかり役立つ学習ができます。解説のわかりやすさ、的確さにも自信アリ。「山手学院で勉強するようになったら高校の勉強がスゴクわかるようになった!」「高校の授業で理解できなかったことでも、山手ならスゴクよくわかる!」と大好評の授業です。勉強の効率が格段に上がり、高校生としての勉強の方法がわかるようになり、高校で上位を目指した学習に取り組むことができるようになります。川越高校・川越女子高校など、トップレベルの高校の成績上位者も多数在籍しています。
 大学入試も強力サポート。 高校3年生が志望大学に現役で合格するために、研究を重ね創り上げた独自のカリキュラムで、一年間で飛躍的な実力アップを実現します。文系はもちろん、理系の入試対策にも抜群に強いのも山手学院高校部の特徴です。他の予備校のカリキュラムや学習内容と異なり、重要事項をくり返し学習しながら、知識・解法技術を練り込んでいく、本当にできるようになる特別な学習プログラムです。各高校の学習進度との相性もよく、山手学院高校部での学習と高校の学習との相乗効果により、より大きな学習効果が生まれます。

山手学院高校部本川越校に通塾する高校生

高校部本川越校の塾生が在籍する主な高校

【公立】川越高・川越女子高・所沢北高・所沢高・和光国際高・松山高・坂戸高・川越南高・松山女子高
【私立】中央大附属高・淑徳与野高・大宮開成高・川越東高・星野高・西武文理高・狭山ヶ丘・城北埼玉高・城西川越高高・東京農大三高・大東文化第一高・山村学園高

山手学院高校部本川越校 校舎案内

◆校舎外観

本川越駅から徒歩3分、川越市駅から徒歩5分。川越女子高校からも近く、通塾しやすい場所に位置しています。さまざまな高校の方に通塾していただいています。

●高校部本川越校 インドアビュー

※360°ビューとなっています。ここから、校舎内全体を閲覧できます。

【校舎入口】

山手学院高校部本川越校は2Fになります。

【自習室】

個別ブース式の自習専用室です。約80席あります。

◆クラス指導教室

クラス指導が行われる教室です。机は大きめで落ち着いて学習することができます。少人数制で生徒参加型の授業です。

個別指導教室

個別指導の教室です。高校生専門の個別指導です。きめ細やかな指導を行います。

山手学院高校部本川越校 クラス指導 時間割

2021年03月~

学年 クラス 曜日 時間 授業時間
高1 トップレベル 英語 19:30~21:45 125分
ハイレベル 英語 19:30~21:45 125分
スタンダード 英語 19:30~21:45 125分
ハイレベル 数学α 19:30~21:45 125分
ハイレベル 数学β 19:30~21:45 125分
スタンダード 数学 19:30~21:45 125分
現代文 アドバンスゼミ 19:10~20:30 80分
高2 トップレベル 英語 19:30~21:45 125分
ハイレベル 英語 19:30~21:45 125分
スタンダード 英語 19:30~21:45 125分
ハイレベル 数学α 19:30~21:45 125分
ハイレベル 数学β 19:30~21:45 125分
スタンダード 数学 19:30~21:45 125分
現代文 アドバンスゼミ 20:40~22:00 80分
高3 トップレベル 英語 19:30~21:45 125分
ハイレベル 英語 19:30~21:45 125分
スタンダード 英語 19:30~21:45 125分
ハイレベル 数学ⅠAⅡBⅢ 19:10~21:50 150分
スタンダード 数学ⅠAⅡBⅢ 19:10~21:50 150分
ハイレベル 数学ⅠAⅡB 19:30~21:45 125分
ハイレベル 現代文 19:30~21:45 125分
古典 アドバンスゼミ(H) 19:10~20:30 80分
古典 アドバンスゼミ(S) 20:40~22:00 80分
ハイレベル 物理 19:10~21:50 150分
ハイレベル 化学 16:10~18:50 150分
ハイレベル 生物 17:00~19:10 125分
ハイレベル 日本史 16:10~18:50 150分
ハイレベル 世界史 16:10~18:50 150分

※各講座の指導内容のページにもアクセスできます。

2021入試 合格者からのメッセージ

東京外国語大[言語文化]

●川越女子高校 E.M.さん 校舎:本川越

 私は山手学院に通い始めた頃には既に第一志望は東京外国語大学でしたが、模試ではボーダーに届いたことはなく、英語も他の人に比べたら得意だなという程のレベルで、自信は全くありませんでした。加えて、それまで参考書や勉強方法については自分で考えて勉強していたので、実力が身についている感じがあまりせず、焦りを感じていました。しかし、入塾して先生にオススメの参考書ややるべきことにリストを頂いてそれをこなしたり、英語の授業を受けて自分の英語の読み方との違いを修正したりしていく中で、着実に力が伸びていくのを感じました。おそらくここで山手の先生に頼っていなかったら、正しい英文解釈の仕方が身につかず、記述の配点が高い外大の入試で対応することが出来なかったと思います。また、英作文に関しては、先生が早い段階から様々な形式のもので添削をして下さったので、そこで間違えた部分を見直したり、模範解答の使えそうなフレーズを暗記したりして対策をしました。
 私は、塾では英語と、苦手だった数学の個別授業を受講していましたが、数学は模試でも思うように伸びず、苦戦しました。それでも根気強く分かるまで丁寧に解説して下さり、沢山問題演習をさせて頂いたおかげで本番では予想以上の得点が取れ、それが合格の一助をなりました。沢山支えて下さった山手の先生方には、感謝してもしきれません。
 受験を通して、ありきたりではあるけれど、諦めずに続けて勉強することは、とても大切なんだと感じました。私自身何度も志望校を変えようか悩みましたが、第一志望に行きたい一心で勉強してきた自分を裏切りたくないと思い、諦めずに挑戦することができました。落ち着いて勉強できる環境、気軽に話せる友達や先生の存在があった山手学院で勉強ができ、本当に良かったです。今までありがとうございました。

筑波大学[理工]

●川越高校 K.M.くん 校舎:本川越

 私は筑波大学理工学群に合格しました。この合格は私の能力や努力だけでなく塾の助けがあってこそ成しえたものだと考えています。 私は山手学院に2年のときに入塾しました。当時の学力は、定期テストでは2回だけAランカーになったことはありましたが、理系なのに物理・数学が苦手でした。また高2に冬の共通テスト模試でも合計が6割しかいかず、危機感を抱いておりました。
 山手学院の数学の授業では,入試で確実に解けないといけない典型問題を丁寧に解説していただき、見たことがある問題であってもその解説で初めて理解し、別解を知ることが少なくありませんでした。休校期間に入ってもすぐに映像授業があったので安心できました。また休校期間は数・物・化の基礎固めに多くの時間を割きました。休校期間後、自習室が利用できるようになると、たくさんの赤本やテキストがあり、質問に答えてくださる先生方、勉強している人がいて勉強がはかどる環境でした。
 先生の助言にあったやるべき参考書を最低二周し、先生方に積極的に質問をした結果、8月の記述模試では国立理系志望で学年1位をとることができ、11月・12月の共通テスト模試でも8割に達することができました。受験を決意するにあたっては塾にも後押ししていただき、無事に長年の第一志望校であった筑波大学に合格することができました。

早稲田大[文化構想]

●川越東高校 U.K.くん 校舎:本川越

 僕が入塾した当時、英語の偏差値は40台で、第1志望校は早稲田ではありませんでした。そんな自分が合格できたのは山手学院のお陰で、感謝してもしきれません。他の人よりもだいぶ後ろからスタートして受験競争で感じたことを綴ろうと思います。
 まず勉強に才能があるとするならば自分は持ってない側の人間です。自分は早い段階でそれに気づけたことが大きかったと思います。周りから遅れをとっていた分、人より多くやろうという意識が強くモチベーションを保つことができました。受験は自分が今どのくらいの位置にいるのかという自己認識が大事です。「正しい方法で効率よく」努力するということが受験を通じて得たモットーです。
 試験本番で最も大切なのは運です。極端なことを言えば試験で出た問題の範囲だけ勉強すれば受かるということになります。しかし現実はそう上手くは行かないから、少しでも試験に出るところにかすめるように、運を手繰りよせるように1年かけて勉強をします。その点において山手学院では授業だけではなく、参考書や勉強の仕方など指針を与えていただきとても助かりました。
 最後に回りの人への感謝を忘れないこと。大学受験をさせてもらえるということは贅沢ということ、期待し応援してくれる人がたくさんいるということを胸にとどめておけば自然と今の自分がするべきことが分かるはずです。

東京都立大学[経済経営]

●川越高校 Y.S.くん 校舎:本川越

 僕が山手学院に入塾したのは3年生でしたが、その短い期間の中でも、山手学院で僕は大きく学力を伸ばすことができました。
 最も苦手意識のあった英語も、先生オススメの参考書の元基礎の基礎から文法を学び直し、着実にレベルを上げることが出来ました。段々速く、正確に文章が読めるようになることを実感し、それが受験勉強のモチベーションになりました。
 また山手学院の先生方は国公立2次の記述問題対策についても熱心に指導して下さいました。共通テスト後に世界史の2次試験対策を始め、ほぼ毎日先生に添削をお願いしていましたが、先生は全て快く引き受けて下さり、自分に足りていない知識のフィードバックを効率的に行えた事が、僕自身の合格に繋がったのだと思います。
 「もっと上の大学を目指して勉強したい。」という皆さんの熱意さえあれば、山手の先生方は全力でサポートして下さいますので、臆せずどんどんと学びを深めて下さい。応援しています。

東京学芸大[教育]

●所沢北高校 T.M.さん 校舎:本川越

 私は高校入学当時勉強の習慣がなく、成績もあまり良くありませんでした。高校受験の時に成績が上がらず途中で志望校を諦めた経験があり、大学受験では同じ失敗を繰り返したくなかったので、習慣化して勉強することに決めました。始めてすぐは成績が伸びませんでしたが、しばらくして成績が上がりはじめ、そこから勉強が苦痛ではなくなりました。1、2年生は勉強を習慣づけるための期間だったと思います。
 そして2年生の3学期から受験勉強を始めました。新型コロナウイルスによる休校なども重なり、何をしていいか分からなく不安になることも多くありました。私が受験勉強を通して大切だと感じたのは、勉強は自己責任だということです。勉強をするしない、何をどうやって勉強するなど全てにおいてです。誰かが言っていたとかこれがおすすめらしいとかは勉強するための指標に過ぎません。しかし、初めての受験において自分で選ぶためにはある程度の情報が必要です。それをサポートしてくれるのが山手学院だと思います。何をするのがいいか沢山質問し、どれが自分に必要か取捨選択していってほしいです。どうやって勉強するかという思考を止めないで過ごしてください。皆さんが第1志望校に合格できるように応援しています。

埼玉大[工]

●川越高校 O.K.くん 校舎:本川越

 私が山手学院に通い始めた頃、それまではろくに勉強しておらず、勉強の仕方も学校の授業もわかりませんでした。そんな私に親身になってご指導していただいた山手学院の先生方には感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。
 受験勉強を通して、自分で考えることが大事だと気づけました。自分で考えなければ得られないものもあるし、考えないで受け身で勉強するより勉強の効率が良いです。たとえば、授業もただ聞いているだけではなくてしっかり自分で考えながら受けた方が内容をしっかり理解することができます。また、数学や物理の公式もすぐ暗記するのではなく、なぜそうなるのかを考えることで単に暗記するよりも使えるようになります。考える訓練をすることで、試験本番で見たことがないような問題が出てきても対応できるようになります。考えながら勉強するのは時間がかかりますが、やる価値はありました。
 また、勉強には環境作りが大事だとも気づきました。勉強はやる気が大切ですが、自分が集中して勉強できる環境に行くことも大切です。家で勉強しようと何回か試しましたが、集中できなかったので塾や学校で勉強するようにしていました。山手学院は静かな自習室があり質問に答えてくれる先生もいるので、私にとって最高の環境でした。
 受験勉強は辛いものでしたが、友達や先生に支えられて乗り越えることができました。友達と塾や学校で話したり先生に相談に乗ってもらったりすることで気持ちが軽くなりました。一人で閉じこもらないで人と話すのは大事だと思いました。
 最後に受験生には、受験で勝負するのは自分自身なので最後まで自分を信じて頑張り続けてほしいと思います。みなさんが希望する進路に進めることを願っています。

埼玉大学[理]

●川越女子高校 H.R.さん 校舎:本川越

 私は高校2年生から山手学院に通い始めました。理系だった私は、数学と苦手な英語を受講し、その後3年からは化学も受講しました。
 私が入塾した当初は埼玉大学に入るのはなかなか厳しい成績でした。志望校判定ではDやEが多く、私の両親や私自身も合格できるとは思っていませんでした。しかし、先生方のわかりやすい授業や、志望校別の勉強方針を示してくださったことでとても効率よく勉強を進めることができました。また、塾内の雰囲気もとても良く、やる気が出なかったり心が折れそうになったりしたときも周囲の姿を見て頑張ろうと思えました。
 そして共通テストの結果による志望校判定では、埼玉大学でAやBの判定が出ました。前期受験では残念な結果となりましたが、先生の励ましの言葉を受けて前期よりも倍率が上がる後期試験にも諦めずに臨むことができました。その結果無事後期試験で合格することができました。

立教大[文]

●坂戸高校 H.A.さん 校舎:本川越

 私が本格的に受験を意識したのは高3の4月でした。それまで定期テスト直前詰め込み型の勉強しかしてこなかったので、計画すら上手く立てることができませんでした。そのため、1学期の間は単語帳や文法書など基礎を固めることを徹底しました。
 夏期講習が始まった頃、それまで少し苦手意識を持っていた英語・古典がどんどん分かるようになり、面白いと感じました。また、英語ではしっかりと構造をつかんで読むことを意識しただけでかなり伸び、どんどん読めるようになっていくのがとても楽しかったことを覚えています。しかし、模試では変わらずE判定でした。そんな状況の中、山手の先生方は「判定なんて気にしなくていい」「これからもっと伸びる」とたくさん声をかけて下さいました。精神的につらい状況だった私は先生方の言葉に何度も救われ、支えられました。そして、冬休みには赤本も共通テスト予想問題もかなり点数が取れるようになりました。
 しかし共通テスト本番では、予想問題と傾向が変わったことに焦ってしまい、あまり上手くいきませんでした。このときも先生方の言葉や励ましに救われ、自分を奮い立たせて勉強し、立教大学に合格することができました。
 4月から振り返ると、山手学院には勉強のアドバイスはもちろんのこと、精神面で大きく支えられていました。そのおかげで諦めずに勉強を続けることができ、合格したときは諦めないことの大切さを痛感しました。今では、1年間気を抜かずにやり抜いたことが自分の自信になっています。家族や友達、塾の先生方に感謝し、進学先ではこの経験を糧にして色々なことに挑戦したいと思います。本当にありがとうございました。

青山学院大[地球社会共生学部]

●川越高校 K.T.くん 校舎:本川越

 私は入塾時とても川越高校の3年生だとは思えないほどの学力しかありませんでした。なぜこの塾にしたかというと塾内や先生方の雰囲気がとても良かったからです。もちろん学校から近かったというのもありますが、それだけなら他の塾でも同じです。とにかく雰囲気が最高で家のような落ち着きがありました。私は入塾はおそかったですが、大学には受かりました。そして川越高校の中で「成績が良くない生徒」の名前を挙げろと言われれば一番に出てくるであろう私でも大学に受かりました。それは山手学院のおかげです。私は中学生レベルの知識しかなかったので単語・熟語・文法・解釈をひたすらやりました。勉強の方法も確立できていなかったので、それを確立しようと考え、まず量をこなしました。気合でひたすらやりました。そうすると効率のよい勉強法が分かってきます。そして過去問もやって自分の実力を知ります。私はここで難しさに打ちのめされましたが、この悔しさをバネにして気合を入れ直しました。ここで出てきたのが山手学院のテキストです。とても質がよくスランプに入ったときにも使いました。よくスランプに入ったと言いますが、それは考えすぎているか知識・技術不足です。とにかく勉強し続けることが大事だと思います。
 次に体調管理についてです。私は夏休みは4時に起き、勉強していました。12月くらいまではすこしくらい寝なくても大丈夫です。1月からは早寝早起きをしましょう。すべてのことを受験とのてんびんにかけどちらが大事か考え、取捨選択をする必要があります、遊ぶのは受験が終わったら。
 このことから分かる通り鍵となるのは気合と取捨選択と最後まであきらめないことです。何度も諦めかけましたが山手学院の先生方と友達のおかげでふんばりきることができました。頑張る人はかっこいいので最後まで諦めず頑張ってください!!