山手学院高校部本川越校 | 埼玉県川越市の塾

山手学院高校部 本川越校

2022年度時間割・2022入試合格者からのメッセージ

➡【2022年度の時間割】はコチラから
➡【2022入試 合格者からのメッセージ】はコチラから NEW!!

新高1 高校準備講座 授業動画

➡ 高校準備講座①の授業動画 はコチラから
➡ 高校準備講座②の授業動画 はコチラから

教室情報

住 所 埼玉県 川越市 中原町2-2-1 2F
Tel 049-229-2211
最寄駅 西武新宿線 本川越駅(徒歩3分)
東武東上線 川越市駅(徒歩5分)
東武東上線/JR 川越駅(徒歩14分)
山手学院高校部本川越校のご紹介

キミのチャレンジを応援します。

 高校3年間は、大きな成長のチャンスにあふれています。将来につながる3年間を充実したものとするために、山手学院高校部は、一人ひとりの目標達成を親身にしっかり応援していきます。
 山手学院高校部は、『山手学院高校部は高校生に最も役立つ指導を実践する高校生専門塾 』です。
 高校の進度も考慮した柔軟で特別なクラス編成と学習指導により、進度も内容も、高校の勉強にしっかり役立つ学習ができます。解説のわかりやすさ、的確さにも自信アリ。「山手学院で勉強するようになったら高校の勉強がスゴクわかるようになった!」「高校の授業で理解できなかったことでも、山手ならスゴクよくわかる!」と大好評の授業です。勉強の効率が格段に上がり、高校生としての勉強の方法がわかるようになり、高校で上位を目指した学習に取り組むことができるようになります。川越高校・川越女子高校など、トップレベルの高校の成績上位者も多数在籍しています。
 大学入試も強力サポート。 高校3年生が志望大学に現役で合格するために、研究を重ね創り上げた独自のカリキュラムで、一年間で飛躍的な実力アップを実現します。文系はもちろん、理系の入試対策にも抜群に強いのも山手学院高校部の特徴です。他の予備校のカリキュラムや学習内容と異なり、重要事項をくり返し学習しながら、知識・解法技術を練り込んでいく、本当にできるようになる特別な学習プログラムです。各高校の学習進度との相性もよく、山手学院高校部での学習と高校の学習との相乗効果により、より大きな学習効果が生まれます。

高校部本川越校の塾生が在籍する主な高校

公立 大宮高・川越高・川越女子高・所沢北高・川口北高・所沢高・和光国際高・松山高・坂戸高・川越南高・松山女子高
私立 慶應志木高・中央大附属高・淑徳与野高・大宮開成高・川越東高・星野高・西武文理高・狭山ヶ丘・城北埼玉高・城西川越高・東京農大三高・山村学園高・栄高・錦城高・拓殖大第一高

アクセス

行事予定

1
2
3
4
自習室 10:00 AM
自習室
5月 4 @ 10:00 AM – 9:00 PM
 
5
自習室 10:00 AM
自習室
5月 5 @ 10:00 AM – 9:00 PM
 
6
自習室 1:00 PM
自習室
5月 6 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
7
自習室 10:00 AM
自習室
5月 7 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
8
自習室 10:00 AM
自習室
5月 8 @ 10:00 AM – 9:00 PM
 
9
自習室 1:00 PM
自習室
5月 9 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
10
自習室 1:00 PM
自習室
5月 10 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
11
自習室 1:00 PM
自習室
5月 11 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
12
自習室 1:00 PM
自習室
5月 12 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
13
自習室 1:00 PM
自習室
5月 13 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
14
自習室 10:00 AM
自習室
5月 14 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
15
自習室 10:00 AM
自習室
5月 15 @ 10:00 AM – 9:00 PM
 
16
自習室 1:00 PM
自習室
5月 16 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
17
自習室 1:00 PM
自習室
5月 17 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
18
自習室 1:00 PM
自習室
5月 18 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
19
自習室 1:00 PM
自習室
5月 19 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
20
自習室 1:00 PM
自習室
5月 20 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
21
自習室 10:00 AM
自習室
5月 21 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
22
自習室 10:00 AM
自習室
5月 22 @ 10:00 AM – 9:00 PM
 
23
自習室 1:00 PM
自習室
5月 23 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
24
自習室 1:00 PM
自習室
5月 24 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
25
自習室 1:00 PM
自習室
5月 25 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
26
自習室 1:00 PM
自習室
5月 26 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
27
自習室 1:00 PM
自習室
5月 27 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
28
自習室 10:00 AM
自習室
5月 28 @ 10:00 AM – 10:00 PM
 
29
自習室 1:00 PM
自習室
5月 29 @ 1:00 PM – 9:00 PM
 
30
自習室 1:00 PM
自習室
5月 30 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 
31
自習室 1:00 PM
自習室
5月 31 @ 1:00 PM – 10:00 PM
 

山手学院高校部本川越校 校舎案内

◆校舎外観

本川越駅から徒歩3分、川越市駅から徒歩5分。川越女子高校からも近く、通塾しやすい場所に位置しています。さまざまな高校の方に通塾していただいています。

高校部本川越校 インドアビュー

※360°ビューとなっています。ここから、校舎内全体を閲覧できます。

【校舎入口】

山手学院高校部本川越校は2Fになります。

【自習室】

個別ブース式の自習専用室です。約80席あります。

◆クラス指導教室

クラス指導が行われる教室です。机は大きめで落ち着いて学習することができます。少人数制で生徒参加型の授業です。

個別指導教室

個別指導の教室です。高校生専門の個別指導です。きめ細やかな指導を行います。

高校1年生理科定期テスト対策講座

化学基礎

化学基礎対策プリント

生物基礎

生物基礎プリント

高校準備講座①動画

ハイレベル数学

ハイレベル数学 1日目

ハイレベル数学 2日目

スタンダード数学

スタンダード数学 1日目

スタンダード数学 2日目

ハイレベル英語

ハイレベル英語 1日目

ハイレベル英語 2日目

スタンダード英語

スタンダード英語 1日目

スタンダード英語 2日目

早慶MARCH附属数学

早慶MARCH附属数学 2日目

早慶MARCH附属英語

早慶MARCH附属英語 2日目

高校準備講座②動画

ハイレベル数学

ハイレベル数学 1日目

ハイレベル数学 2日目

ハイレベル数学 3日目

ハイレベル数学 4日目

ハイレベル数学 5日目

ハイレベル数学 6日目

スタンダード数学

スタンダード数学 1日目

スタンダード数学 2日目

スタンダード数学 3日目

スタンダード数学 4日目

スタンダード数学 5日目

スタンダード数学 6日目

早慶MARCH附属数学

早慶MARCH附属数学 1日目

早慶MARCH附属数学 2日目

早慶MARCH附属数学 3日目

早慶MARCH附属数学 4日目

早慶MARCH附属数学 6日目

ハイレベル英語

ハイレベル英語 1日目

ハイレベル英語 2日目

ハイレベル英語 3日目

ハイレベル英語 4日目

ハイレベル英語 5日目

ハイレベル英語 6日目

スタンダード英語

スタンダード英語 1日目

スタンダード英語 2日目

スタンダード英語 3日目

スタンダード英語 4日目

スタンダード英語 5日目

スタンダード英語 6日目

早慶MARCH附属英語

早慶MARCH附属英語 1日目

早慶MARCH附属英語 2日目

早慶MARCH附属英語 3日目

早慶MARCH附属英語 4日目

早慶MARCH附属英語 6日目

ハイレベル古典

ハイレベル古典 1日目

ハイレベル古典 2日目

ハイレベル古典 3日目

ハイレベル古典 4日目

ハイレベル古典 5日目

ハイレベル古典 6日目

スタンダード古典

スタンダード古典 1日目

スタンダード古典 2日目

スタンダード古典 3日目

スタンダード古典 4日目

スタンダード古典 5日目

スタンダード古典 6日目

山手学院高校部本川越校 クラス指導 時間割

2022年03月~

学年 クラス 曜日 時間 授業時間
高1 ハイレベル 英語 19:30~21:40 120分
スタンダード 英語 19:30~21:40 120分
ハイレベル 数学α 19:30~21:40 120分
ハイレベル 数学β 19:30~21:40 120分
スタンダード 数学 19:30~21:40 120分
現代文 アドバンスゼミ 20:20~21:40 80分
高2 トップレベル 英語 19:30~21:40 120分
ハイレベル 英語 19:30~21:40 120分
スタンダード 英語 19:30~21:40 120分
ハイレベル 数学α 19:30~21:40 120分
ハイレベル 数学β 19:30~21:40 120分
スタンダード 数学 19:30~21:40 120分
現代文 アドバンスゼミ 20:20~21:40 80分
高3 トップレベル 英語 19:30~21:40 120分
ハイレベル 英語 19:30~21:40 120分
スタンダード 英語 19:30~21:40 120分
ハイレベル 数学ⅠAⅡBⅢ 19:10~21:55 160分
スタンダード 数学ⅠAⅡBⅢ 19:10~21:55 160分
ハイレベル 数学ⅠAⅡB 19:30~21:40 120分
ハイレベル 現代文・古典 19:10~21:55 160分
スタンダード 現代文・古典 19:10~21:55 160分
ハイレベル 物理 19:10~21:55 160分
ハイレベル 化学 16:00~18:45 160分
ハイレベル 生物 17:00~19:10 120分
ハイレベル 日本史 16:00~18:45 160分
ハイレベル 世界史 19:10~21:55 160

※各講座の指導内容のページにもアクセスできます。

2022入試 合格者からのメッセージ

早稲田大学[商学部]

●川越高校 S.K.くん 校舎:本川越

 私は高1の時に山手学院に入塾しました。大学受験に向けて勉強に取り組みたい気持ちはありましたが、吹奏楽部に所属していて引退が遅くなってしまいました。そのため、本格的に受験勉強に取り組んだのは高3の8月に入ってからでした。他の受験生に差をつけられているとは感じたものの、焦ってすぐに過去問に手を出すのはやめました。山手学院の先生のアドバイス通り、英語は単語や文法、解釈などの基礎、塾の授業の復習を大切にしました。現代文や古典、世界史も山手学院の先生に出された指示通り、まずは基礎を学習しました。私は部活動の関係上で遅れてしまいましたが、やはり基礎を勉強する余裕のある時期は限られているため、できるだけ早めにやっておくのが良いと思います。結局、過去問演習を本格的に始めたのは11月後半頃でした。その頃には基礎力と授業で培った読解力や知識のおかげで、ある程度は戦える力をつけることが出来ました。もちろん早い時期から受験勉強を始めることに越したことはありませんが、遅れてしまっても挽回できます。山手学院の先生方は一人ひとりに合わせて的確で現実的なアドバイスをしてくれます。行きたい大学があるのであれば安易に志望を下げたりせずに、一つの目標に向かって頑張ることが合格への道だと思います。

早稲田大学[文学部]

●川越高校 M.Y.くん 校舎:本川越

 私は高校では厳しいとされる軟式庭球部に所属していて、高1の頃は定期テスト以外はほとんど勉強をしていませんでした。2年生から徐々に勉強をし始め、自習室などを使い毎日基礎から積み上げていました。受験に対し私が心がけていたことは基礎を徹底する事です。
 英語は単語帳は学校配布のユメタンとパス単準1級を最後まで繰り返し使い続けました。山手の英語の授業では、自分が使っている単語帳に合わせた単語テストを定期的に行うので、モチベーションが保つことができました。また、英文解釈のやり方を授業で教わったことで、英語が正しく読めるようになりました。正直、最初は戸惑うことも多かったですが、入試が近づくにつれて、英文解釈の知識があってよかったと思うようになりました。難関校を受験する人は必ず英文解釈に取り組んでください。
 日本史は一問一答をおろそかにせずコツコツ積み上げていくことが大切だと思います。これも山手の日本史の授業内で一問一答の確認テストが毎回あったので頑張り続けることができました。「最初はなかなか覚えられなくても継続すれば必ず覚えられる。そして、日本史は必ず成績が上がる教科だ。」という先生の言葉があったから信じて頑張り続けることができました。2学期からの問題演習では頻出問題を解いていくとともに、合否の分かれ目になる問題に多く取り組めたのも授業をとっていて良かったところです。
 学校で今成績が悪い人も山手学院本川越校ならば3年生で十分挽回できます! 実際私も3年生最初の頃の成績はあまりよくありませんでした。山手学院の授業はどれも効率的な授業ばかりです。私はそれらの授業のおかげで大きく成績を伸ばすことができました。皆さんもあきらめなければ必ず夢はかないます。今から頑張りましょう!

早稲田大学[文学部]

●川越女子高校 Y.M.さん 校舎:本川越

 大学受験を終えた今、私は山手学院に通っていて本当に良かったと思います。特に英語のカリキュラムは全て綿密に計算されていました。精読を中心とした授業だったので実力が確実についていくのがわかって良かったです。私は英語が苦手でしたが、授業を受けるうちに段々と難しい長文も読めるようになりました。また、精読と並行して受験期にはあらゆるタイプの問題を解いたことで自信がだんだんとついていきました。
 受験が近づいてくると、勉強や大学のことで悩むことがたくさんありましたが、そんなとき山手学院は支えになりました。独力で勉強しようとすれば、周りの人や情報に振り回されて思うように勉強できなかったと思います。家庭学習についても自分が目指すレベルに合った勉強法や参考書を示してくれるので、効率的に勉強することが出来ました。また、私は自分に自信がなくて、どの大学にも受かれる気がしませんでしたが、精神面でも支えになったのは山手学院の先生方です。先生が激励の言葉をかけてくださったおかげで、私はモチベーションを保つことができ、自分にもできるという気持ちになったのだと思います。最終的には自分の行きたい大学に合格することが出来ました。自分1人では、受験を乗り越えることはできなかったと思います。本当にありがとうございました。

早稲田大学[文化構想学部]

●所沢北高校 F.D.くん 校舎:本川越

 私は高校1・2年生の頃は、普段の高校の授業についていくために塾に通っていました。山手学院の数学や英語の授業のおかげで、定期テスト前に慌てて勉強することなく、余裕をもって学校では良い成績を取ることが出来ました。
 高校3年生になって、受験生として今までより自習が必要ということが分かっても、いざ勉強しようとなると、最初は何を勉強すれば良いのか分かりませんでした。しかし、色々な教科の担当の先生から専門的なアドバイスをもらえたことで、受験期を通して挫折することもなく、順風満帆に第1志望合格までたどり着くことが出来ました。定期テストのサポートも受験のサポートも抜群に強いのが山手学院の特徴だと感じました。
 所沢北高校は入学当初から学校行事や部活動で忙しくなり、成績が下がっていく人と、大学受験のためと割り切って勉強に専念する人で二極化していくのですが、私は塾のおかげで3年間学校行事や部活動も楽しむことができました。常に自分のことを気にかけてくれて、やる気になる指導やアドバイスを下さる先生方の存在は大きかったです。授業を担当してくれている先生から直接受験のアドバイスをその都度もらえたことで何度も励まされました。先生も生徒もフレンドリーな山手学院高校部で、3年間過ごすことが出来てとても良かったです。

早稲田大学[教育学部]

●所沢北高校 F.U.さん 校舎:本川越

 私は高校1年生から英語が得意だったので、高校2年生の夏から英検準一級を受け始めました。やっと準一級に受かったのは高校3年生の夏頃で、そこで準一級の単語をおおまかに知れたのと、英語力を上げることが出来たので、英検の勉強を早く始めたのは結果的にすごく良かったと思いました。高校3年生から入塾した山手学院の英語の授業は学校の授業や自分だけではわからないような読解の上での注意点や問題の解法など新しく知ることだらけだったので、毎回が新鮮でした。一つひとつのことを身につけていったおかげで、着実に英語の力を伸ばすことができました。
 私の後悔は、社会系の科目の勉強のスタートが遅かったことです。3年生の範囲は授業を一生懸命聞いていたので少しの復習で思い出せても、高校1年生の時に勉強した内容を1周でもして思い出すことに使っていて、単語帳を夏から夏終わりにかけて出来ていれば、社会科目で苦労することは無かったのかなと思います。
 共通テストの前の期間、12月から1月中旬にかけてで、私立文系でも共通テストのための勉強も一生懸命したのは、本当に良かったと思います。2日に一度は最低でも現代文古文、英語の問題に触れるようにしたことで、共通テスト当日の難しい現代文の問題でもすんなりと解くことが出来たし、英語を解いているときにパニックになっても、耐えることが出来ました。長期の計画を立てるのが苦手でも、その日1日だけでも良いから計画を立てて勉強することは、色々なことの結果につながると感じました。
 また、私は共通テスト利用の出願の仕方でとても良い計画を立てることが出来たと思います。それもこれも、山手学院の先生のアドバイスのおかげです。共通テスト利用はGMARCHのみに出願していたので共通テスト当日は運が良ければ取れるかなくらいの楽な気持ちでいれたので、力が入りすぎず無事に高得点をとることが出来ました。共通テスト利用は合格発表が他よりも少し早いので、チャレンジでも1つは上の方の大学の共通テスト利用を入れておけば、合格が取れた時に、他の大学の受験に気負わず向かえるなと感じました。
 最終的に私は早稲田大学に進学することになりました。正直ここまで合格できるとは思っていなかったので、自分でも驚きです。これも塾のおかげだと思っています。お世話になった先生方本当にありがとうございました。

上智大学[理工学部]

●淑徳与野高校 N.M.さん 校舎:本川越

 私は高校の定期テストで良い点をとるために高1から山手学院に通っていました。その結果、1年次から高校で良い評定を頂くことができ、指定校推薦で上智大学に合格することが出来ました。
 指定校推薦を狙っていましたが、万が一のため高3のときは英語、数学、化学の3科目を受講していました。これらの授業の質、テキストの質がとても高く何度も救われました。授業では基礎を固めながらも応用問題を解く頭の使い方を教えてくれます。難しい問題を頭ごなしで覚えるのではなくプロセスを大事にするので効率よく勉強することが出来ました。山手のオリジナルテキストは大切なところが見やすく分かりやすくまとまっていて凄く良い教材です。高校の教科書では文字が多くごちゃごちゃしてしまう化学の無機と有機が簡潔かつ分かりやすくまとまっていて感動したのを覚えています。これらのテキストのおかげで、模試の成績も上がり、もし一般受験をすることになったとしても十分に対応できるという自信を得ることができました。
 私は高校入学時の学力は高校内でビリに近かったと思います。そんな私が山手学院のおかげで勉強に向き合い努力することが出来ました。3年間ありがとうございました。

東京農工大学[農学部]

●川越女子高校 M.M.さん 校舎:本川越

 私は数学が不得意だったため、1年生の頃から数学の個別指導を受けてきました。その中で山手学院に大変助けられた点が3つあります。  第1は質問に答えてくださる先生が常にいらっしゃる事です。授業外の時間でも、質問の内容が塾の問題以外の物でも、分からない問題に関して理解できるまで丁寧に教えてくださりました。2次試験対策の英作文の添削にも快く応じてくださいました。
 第2は自習室が土日祝でも夜遅くまで開放されている事です。学校での最終下校時刻を過ぎても塾では自習を続けられるため、時間を気にせず集中できる場として重宝しました。また、コロナ禍で市の図書館が休館になっている中、コロナ対策が行われていた山手学院の自習室は身近で安心できる勉強場所でもありました。
 第3は自分に合った受験の戦略を先生と相談して作れる事です。私の場合、共通テストの結果が振るわず、第1志望の判定は軒並みDやEとなってしまいました。しかし第1志望を諦められなかったため、私は先生とどの教科を何割取れれば合格の希望があるか確認し、理想の点数を取るためには何を勉強すれば良いか計画を立てました。現状の実力を可能な限り伸ばし、苦手を直前まで潰す戦略により、2次試験で巻き返して第1志望に合格することができました。
 受験の最後まで応援してくださって合格へ導いてくださった塾の先生方には感謝してもしきれません。今これを見ている皆さんも、山手学院の良質な学習環境と先生方の下で第1志望を目指してみませんか。

東京都立大学[人文社会学部]

●川越女子高校 U.A.さん 校舎:本川越

 私は高校1年生から本川越校に通っていました。高校1・2年生の頃は自分が授業形式で学びたいと思った英語は授業をとり、それ以外は、たとえ苦手科目でも自分で勉強していました。この時期に精読を行ったことが英語の実力アップにつながったと思います。高校の先生とは違った視点の授業を受けられること、学校では教えてくれない入試に関する情報をたくさん教えていただけることが、私が高校1年生から山手学院に通って良かったと思う点です。
 さらに、私が高校1年生の時は、学校の定期テストや数学の章末テストなど目の前のことをこなすだけで志望大学に行けるのか不安でした。そんな中で山手学院では、早くから大学入試を見据えた授業や、実力をつけることを目的とした授業を受けることができ、私にとって大きな力となりました。
 高校3年生では、受験教科の受講を始めましたが、英語はもちろん世界史や現代文などの授業も受験を突破するうえで大きな力となってくれました。受験はとても辛かったけれど、とても良い経験になり、一般受験をして良かったと思っています。私が第一志望の未来に合格できたのは山手学院や学校の先生、家族や友達の支えあってこそでした。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

東京学芸大学[教育学部]

●川越女子高校 H.R.さん 校舎:本川越

 私が山手学院に入塾したのは高校2年生でした。もともと英語は得意でしたが、幼い頃から感覚で解くのが癖になっていたため、論理的に読む力をつけたいと思いトップレベル英語の受講を決めました。約1年半、山手の先生の言葉を信じてやるべきことを地道にこなしてきたことで確実に力がついたと思います。英語は、毎回の授業で重要なことを繰り返しおっしゃってくださった為、受験当日もいつも通り解くことが出来ました。もともと得意だった英語をさらに得意にできたのは、本当に山手学院のおかげだと思います。
 現代文は、私にとって最も苦手な教科で、高校受験の時も一番足を引っ張る教科だったのですが、山手の先生に1年間ご指導をしていただいたおかげで読解力がつき、読むことの楽しさに気付くようになりました。また、読解力がついたことで他の教科も自然と理解が深まり、効率よく勉強できるようになりました。英語や現代文が感覚で読むものから、論理的に解くものに変わったことで大きな自信につながりました。東京学芸大学はもともと第1志望校でしたが、最後の模試までDやE判定でした。それでも志望校を変えずに最後まで頑張ることが出来たのは、先生の支えがあったからです。また、私はいつも学校の授業が終わったらすぐに山手に行って自習室で勉強をするようにしていました。それを根気強く続けてきたことも、この結果につながったと思います。改めて本当に山手に入って良かったなと思っています。ありがとうございました。
 そして受験生の皆さん、これから受験勉強する上で何をするべきなのかを考える時に先生方のアドバイスをもとにしながら、自分自身でじっくり考えてみてください。時間は限られているので、やるべきことをしっかり吟味して悔いの残らないように頑張ってほしいです。

大阪公立大学[文学部]

●川口北高校 Y.I.さん 校舎:本川越

 私は高校3年生のとき入塾しました。普段から何となくは勉強していましたが、受験勉強に本格的に取り組み始めたのは、勝負の夏といわれる3年生の8月下旬からです。  部活を8月の上旬に引退し何となくボーっと過ごしていた中で、夏の3日間集中特訓授業が始まりました。この3日間は、朝から夜まで演習形式の授業が詰まっていて、それまでそんなに長時間勉強したことがなかった私は毎日ヘトヘトでした。しかしこの日を境に机に向かう癖がつき、残り1週間の夏休みを無駄にすることなく有意義に過ごすことが出来ました。
 今振り返ってみると、これが私の受験勉強の重要なターニングポイントになっていたと思います。この他にもう一つだけ転換点となった出来事を挙げるとすれば、それは共通テストが終わった後の国公立大学に出願する時です。
 結果として合格することが出来た大阪公立大学ですが、実は共通テストの点数での判定はC判定でした。これは合格ラインと言われる、B判定を下回る結果です。そんな中、B判定が出ている他の大学ではなく、第1志望であるこの大学に出願しようと背中を押してくれたのは、山手学院の先生でした。2次試験の配点が高く、得意な国語の割合も大きいから逆転の余地はあると言われたことで出願をする決心がつきました。また、英作文などを書いたら見せにおいでと言われたことも心強く、残りの期間精一杯勉強しようと切り替えることが出来ました。常に受験生のことを気にかけてくれ、生徒と先生との距離が近いのは山手学院の良いところでした。

埼玉大学[理学部]

●所沢北高校 N.D.くん 校舎:本川越

 僕が考える山手学院に入って良かったと思う事と、どのようにして合格に至ったかということと一緒に述べたいと思います。僕は3年になってから入塾しました。入塾=受験勉強スタートという風に本格的に勉強を始める良いきっかけになったと思っています。この時期からこれからの勉強の道筋や最終的なゴールを定められたのはとても良かったです。僕は数学、化学、物理の3科目を取っていて、学校の復習や入試問題の演習としてとても充実したものでした。受験においては、授業に勝るほど大切なものがあります。それは「自習」です。いかに質が良く、内容の濃い自習ができるかで決まります。その点で、山手学院の自習室は最高の環境で、いつでも先生方に質問が出来ます。また、自習に用いるのに最適な山手オリジナルテキストはとてもためになりました。僕にとって、学校と家の他に勉強できる場所があるということが集中力を切らさないことに繋がっていました。
 また、受験勉強を進める中で上手くいかないことがあったとき、いつも心の支えになっていたのは先生方の存在でした。大きな失敗をして、自分1人では決断しかねる場面で何度も何度も先生に話を聞いて頂き、アドバイスも頂きました。今の進路も先生に相談して決めたものです。自分以外に、自分の進路について真剣に考えてくれる人の存在は、受験勉強においてとても大きな力になると実感しました。
 最後に、国立理系を目指している人に言いたいことがあります。それは幾度となく襲ってくる「私立のみの志望に変えたい」という欲望に負けないでほしいという事です。受験では科目数を減らすことが命取りになります。国立志望者は試験まで実力が伸び続けるということと、私立入試でも科目数が多い方が受けられる入試方式が増えて、結果的に合格する確率も高くなります。現役生にとってはかなりハードかもしれませんが、そこは山手学院の先生方を信じて、頼って、国立入試本番まで頑張ってください。

埼玉大学[理学部]

●坂戸高校 N.H.くん 校舎:本川越

 私は山手学院に入塾する前は受験に向けての知識が全くなかったため、各教科の勉強方法がよくわからず、勉強しようという気持ちはあっても何もできないままでした。山手学院では具体的な勉強法を教えてもらうことができたので効率よく勉強を進めることが出来ました。
 山手学院に入塾する前、数学は高校の授業ペースにあわせて勉強をしていましたが、受講してからは全ての単元を早めに終わらせることができ、理解力もかなり上がったのでとても良かったです。山手学院のテキストはオリジナルで、どれも洗練されたもので、最短距離で志望校に合格する実力をつけることができました。英語は個別でやっていたのでクラス授業は1学期の間は受講しませんでしたが、クラス授業の人と同じようにアドバイスをもらい、その参考書を使って英文解釈の力を身につけることが出来ました。英文が読めなくて困っていたので、あのアドバイスはすごく助けになりました。
 特に受講して良かったと感じたのは9月から始まる数学のゼミです。ゼミでは通常授業で身につけた知識を使って実際に自分の力で各大学の過去問を解いていくことで、計算力と対応力を身につけることが出来ました。学校や他の塾では決して真似ができない授業であって、この授業のおかげで本番の数学を自信をもって解ききることができました。
 しかし、苦手科目だった国語の対策を後回しにしてしまったため、本番まで引きずってしまい共通テストではひどい点数を取ってしまいました。こうならないように苦手な科目や単元は早めに対策をしてください。
 それでも先生方に励まされて最後まで諦めずに勉強したことで、無事に埼玉大学に合格することが出来ました。皆さんも最後まで諦めずに頑張ってください。最後にお世話になった先生方、本当にありがとうございました。

埼玉大学[教育学部]

●川越女子高校 M.H.さん 校舎:本川越

 私は山手学院に高校2年生のときから通い始めました。その頃はまだ明確な志望校が決まっておらず、何となく塾生になりました。しかし塾に通い始めてから模試の成績が上がっていき、特に現代文の成績が伸びていきました。塾の授業では学校では教えてもらえない読解方法を身につけることが出来ました。また、先生が生徒の実力に合った問題を用意してくださるため、授業についていけないということはなく、確実に成績を伸ばしていくことが出来ました。
 私は英語に苦手意識を持っていました。第1志望校の2次試験は英語のみだったので、合格できるか不安でした。その私が合格できたのは特に英語ゼミのおかげだと思っています。ゼミでは効率的に尚且つ正確に読解する力を多くの長文を読むことで身につけられました。通常の授業で学んだ知識や考え方が、ゼミのおかげでより洗練されて使いこなせるものになっていった気がします。実力が確実についていることを実感でき、英語に自信が持てるようになっていきました。
 どんなときでも生徒を第一に考え、私たちが行きたいと思う大学に進学できるよう支えをくださった先生方には感謝しかありません。

明治大学[商学部]

●所沢北高校 M.Y.くん 校舎:本川越

 私は高校2年の終わりに入塾しました。成績は学校で下から数えた方が早いくらいでした。塾に来て1番良かったことは、自習室が利用できたことと授業の質が高かったことです。学校の友達も山手に通っていたので、目標が同じ子に追いつけるように心を無にして籠っていました。自転車で家から15分かかる距離で夏は暑すぎて家から出るのも嫌でしたが、1日のスケジュールを自分で立てて、それを淡々とこなしていきました。受験科目が英国社の3科目だったので、先生のアドバイス通り全部得意科目に出来るように勉強していました。塾の授業の中で、様々な分野のポイントを学びそれを復習することで自然と力がつき、不得意な科目でも効率的に得意科目にすることができました。
 2月の入試期間が始まり、私は病みました。禁断と言われた試験の丸付けをしてしまったのです。夜は眠れないし、ご飯は喉を通りませんでした。体重も減り、ストレスで逆流性食道炎という病気にもなってしまいました。受験は勉強も大切ですが、それ以上に気持ちの強さも大切だと受験後に気づきました。そんな気持ちの弱い私でも志望校に合格できたのは励ましてくれる先生や友達がいて、集中して勉強できる環境を提供してくれた山手学院のおかげです。ありがとうございました。

明治大学[政治経済学部]

●所沢北高校 M.H.くん 校舎:本川越

 私は、中学校の時から在籍し、高校準備講座を受講した後、そのまま高校部も在籍していました。自分の学校の周りは、高校1年生から塾に通っている人は少なかったため、高校2年生や3年生の時期から通えば良いかなと思っていた時期もありましたが、受験を今終えた身としては、あのまま通い続けていて良かったと思いました。確かに高校1年生は部活動だけで精一杯な人も多くいると思います。しかし、自分は高校1年生から通うことで、1日1~2時間程度でも勉強習慣を身につけることが出来ました。それを継続したことで、受験期でも日々の習慣として勉強に臨むことが出来ました。
 私の学校では、大学受験のためと言って部活動をやめる人が非常に多かったのですが、自分は高校1年生からの勉強習慣のおかげで、最後まで部活動と勉強を両立することが出来ました。それはひとえに山手学院の先生方のおかげだと思います。部活動に全力で取り組みながらも高校での勉強や大学受験の勉強を成功させたいなら山手学院だと思います。受験は3年間がかりの長期戦です。体調管理に気を付けながら、一生懸命勉強や部活動に励んでください。みなさんの進路実現を心より願っています。

明治大学[政治経済学部]

●淑徳与野高校 M.Y.さん 校舎:本川越

 私は高1の頃から山手学院の高校部に通ってました。山手学院に早いうちから入ったことで自分で勉強の計画を立て、勉強する癖をつけることが出来ました。
 私は家での勉強は、誘惑が多くなかなか集中できませんでしたが、山手の自習室は机が一つ一つ仕切られているので集中できるし、1日があっという間に終わりました。自習室だけでなく、先生に質問しやすい雰囲気もあって勉強に集中できる環境が整っていて良かったです。
 私は入学当初から推薦で大学に進学したいと考えていたため、定期テストは毎回力を入れて取り組んでいました。テスト前、質問に行けば先生が丁寧に解説してくださったり、数学や理科の類題のプリントを刷ってくださったりと、とても親身になってくださいました。理系科目がいつでも質問できる環境は、定期テスト前にはかなり助かりました。
 そして山手の英語の授業で使う長文問題集は良質で読み応えのある文章ばかりだったので飽きずに続けてこられました。おかげで目の前の定期テストのためだけの英語力ではなく、英検や入試にも通用する英語力を養うことができました。英語が苦手だった私が、偏差値を大きく伸ばすことができたのは山手学院のおかげです。もっと早くこの問題集と出会いたかったです。
 山手の先生方と環境のおかげで推薦で第1志望校に合格することが出来ました。本当にありがとうございました。

立教大学[観光学部]

●川越女子高校 D.A.さん 校舎:本川越

 山手学院がなかったら私の春はやって来なかったと思います。その理由はいくつも思い浮かびますが、主な2つを挙げようと思います。
 1つ目はいつでも勉強に集中できる環境が整えられている点です。私は家だと集中力が続かなかったので、毎日夜10時まで開いている自習室は大きな味方でした。自習室内にはいつ行っても勉強している人がいてその姿に沢山の刺激を受けていました。疲れた時には友人と雑談をしたり先生と話したりし、1日の大半を塾で過ごしていました。
 2つ目は親身になってくれる先生方が多い点です。授業は要点を絞った内容だったため、すぐに力になっていく感覚がありました。質問や相談に行くと私が理解できるところまで一つひとつ丁寧に説明してくださり本当に助かりました。他の塾に通っていた友人の話を聞くと、山手学院は先生と生徒の距離感がとても近いことが分かり、そこも私には合っていたのだと思われます。受験直前には自覚なく緊張していた私に「絶対大丈夫だよ。受かるよ。」と言ってくださり、それだけで平常心を取り戻せました。信頼している先生からの言葉の力は大きかったです。普段授業を教えてくださっていて、私の学力を十分に把握している信頼できる先生から直接、さまざまな受験のアドバイスを気軽に聞ける環境は、受験生としてとても最高なものだと感じました。
 山手学院には大変お世話になりました。沢山の人の協力があって今の私がいて、私の学びの基礎は山手学院にあると思っています。ここから大きく飛び立ちます。本当にありがとうございました!

中央大学[理工学部]

●所沢北高校 H.I.くん 校舎:本川越

 私は中学の頃の成績は中学校でも学年の真ん中程度の学力でした。そんな私が中央大学に合格できたのは山手学院のおかげです。私は毎日山手学院の自習室で学習し、わからないところはすぐに先生に質問をしていました。毎日自習をし、疑問点をその場で解消することで、学力が大きく伸びたのだと思います。
 数学や生物は私の得意教科でしたが、山手の授業で高校の先取りと問題演習を行い、最終定着を高校の授業で行うことで自然と勉強したことが身に付けられました。入試のための勉強としては塾の数学や生物のテキストを徹底的にやりこみました。ポイントがまとまっており、市販の問題集や参考書よりも問題数が絞られているので効率よく学習を進めることができました。
 苦手だった英語は、毎回授業で行われる文法問題集のテストで高得点をとれるように頑張ったおかげで、だんだんと自信がついていきました。構文分析は高校ではやりませんでしたが入試問題を解くには必要なもので、塾で学んだおかげで英語が正しく読めるようになりました。苦手な単語が覚えられたのも先生からの叱咤激励のおかげです。最後のほうは英語が安定して得点できる教科になっていきました。
 最後に私が大事にしたのは、毎日その日の勉強予定を立てて1日の最後に何を学んだのかを頭の中で振り返ることです。毎日何をするか予定を立て目標を決めることで、勉強中の理解度、定着度、達成度がはるかに上昇します。そして勉強がうまくいかないときは塾の先生たちに相談することです。必ず力になってくれるはずです。受験勉強は苦しいことがとても多くありますが、必ず終わりはあるので、目標に向けて頑張ってください。

学習院大学[文学部]

●川越女子高校 A.M.さん 校舎:本川越

 私が本格的に志望校を決定したのは高3の夏でした。それでも私が指定校推薦を利用して合格することが出来たのは、塾で多くのサポートをしていただけたからです。私は高校に入学してから高3まで指定校推薦ではなく、一般入試での受験を考えていました。その為、テスト勉強に力を入れることはありませんでした。ほとんど一夜漬けになってしまっていました。それでも指定校推薦を取れたのは、塾での授業、特に英語の授業を受けていたからです。学校のテストは教科書の文章からの出題がほとんどで丸暗記すれば乗り切れるのですが、問われるのはその文の中での重要な文法であることが多いです。塾での英語では1・2年生の間に重要文法を学びます。その知識が学校のテストにも大いに役立ちました。今思えば一般受験に必要な知識をもって、学校の英語のテストに臨んでいる状態を作れたことが評定が上がっていった理由なのかなと思います。また、授業以外でも、何度も進路相談をしていただいたり、メンタル面でもサポートをしたりしていただきました。学校や家族、友人からの言葉ももちろん励みになりますが、より多くの受験生に携わっている塾の先生の言葉には安心感があります。私は中学時代から続けて通塾したことで合格することが出来たと感じています。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

法政大学[スポーツ健康学部]

●所沢北高校 K.M.さん 校舎:本川越

 私が山手学院に入塾したのは3年生の春期講習だったので、一般的な受験生に比べるとかなり遅れていました。まだその時は志望校も曖昧で、受験勉強よりも進路に重点を置いていたこともあり、努力しても周りとの差は詰められず大変でした。最初の頃は、日本史が全然分からず、模試では半分も取れませんでしたが、授業で先生が分かりやすく教えてくださったり、一問一答をコツコツやったりしたおかげで、入試では自信をもって臨むことが出来ました。日本史の授業をとっていなければ、これだけ膨大の量の知識を覚えようともしなかったはずです。塾の授業を通して大学受験で本当に必要な勉強量を知ることができ、その上でこれを自分一人でできる自信はなかったと思います。
 この1年間、山手学院で受験勉強をしていて、苦しかったことも嬉しかったこともたくさんありましたが、先生方や同じ塾の友達のサポートが私には大きな力になりました。1年必死に勉強しても足りない部分はありましたがその時の自分の最大限の力を発揮することの大切さを学びました。小論文の添削もしてくださったり、最後までサポートしてくださったりしてくれたおかげで悔いなく受験を終えることが出来ました。
 最終的には自分の納得のいく進路が実現できたので良かったです。これからも挑戦する心を忘れず最後まで諦めない心を持って頑張っていきたいと思います。

日本大学[法学部]

●川越東高校 T.Y.くん 校舎:本川越

 僕は野球部に入っていて、部活を引退した後の高3の8月から入塾したので、他の人よりもかなり遅い入塾でした。部活が夜遅くまであった影響もあって勉強がほとんど出来ていませんでした。そのため高3の夏の時点で偏差値は40程しかなく、とても高校3年生の学力とは思えない学力でした。そんな僕がわずか半年ほどで今の大学に合格することが出来たのは山手学院のおかげです。本当に感謝しています。
 僕は受験勉強を始めた時、何をどうすればいいのか分かりませんでした。その時に山手学院の先生から勉強法をまとめた紙を渡されて、やるべき参考書とその順番を教えてもらいました。自分だけで勉強していたらきっと何から始めればよいかしばらく迷っていたと思います。また、授業と課題が連動していたので、ただ参考書などをやるよりも確実に力を伸ばすことが出来ました。
 また、僕は最後の10月の模試でも第1志望校はE判定でした。しかし、山手の先生方が、E判定から受かった先輩はたくさんいると励ましてくださったので、最後まで頑張ることが出来ました。山手の授業を受けて確かに実力がついている実感があったからこそ、自信をもって最後まで頑張れたのだと思います。
 最後に皆さんに伝えたいことが2つあります。
 1つ目は、最後まで諦めずに手を動かし続けることです。受験日が近づくにつれていろんなことが頭をよぎったり、不安になると思います。しかし、それでも最後まで諦めなければ必ずいい結果が出ると思います。
 2つ目は、感謝の気持ちを忘れないことです。大学受験をすることは親にとても負担をかけることにもなります。また周りに応援してくれる仲間がたくさんいるということを心に留めておいてください。
 みなさんが最後に笑って終われるように心から応援しています。目標に向けて最後まで諦めずに頑張ってください!

東洋大学[ライフデザイン学部]

●所沢北高校 Y.H.さん 校舎:本川越

 私は、山手学院に高校3年生の夏休み頃から通い始めました。短い間でしたが、山手学院のおかげで学力を大きく伸ばし、成長することが出来ました。
 山手学院に入る前まで、自分の中では部活が第一優先だったので勉強は二の次になってしまい、とても苦手でした。しかし、部活を引退して山手学院に通い始め、先生方の丁寧なご指導のおかげで勉強へ向かう姿勢が大きく変わりました。もともと自分は高校3年生の段階でまだ自分に合った勉強方法が確立しておらず、なかなかテストで良い点を取ることが出来ていませんでした。そんな中、山手学院では授業の際に良い勉強法やこれをやっておくといいということなど詳しく教えてくださったり、個別に先生に直接質問した際にも一緒になって考えたり、アドバイスをくださったりしてくれました。とても自分にとって力強く、心の支えとなってくださいました。本当にありがとうございました。
 私は、第1志望校の前期日程では残念ながら不合格でした。結果を報告し、これからどうするか先生に相談しに行ったとき、「諦めないで中期後期日程まで絶対にねばって受けた方がいい」とアドバイスされました。その言葉に支えられ、その後も一生懸命勉強し中期後期日程まで受験し、無事第1志望校に合格することが出来ました。
 受験というものは毎日毎日が勉強漬けで正直とてもきつかったです。だけど、そういう時に山手学院に行って自習室を利用し、そこで頑張っている同じ受験生の姿を見ることでとても元気が出て、自分も頑張ろうとすごくやる気になれます。受験勉強はとてもきついけど、最後まで絶対に諦めなければ私のようにきっと奇跡が起こるはずです。応援しています!頑張ってください!
 最後に先生方、短い間でしたが本当にお世話になりました。ありがとうございました。

成城大学[文芸学部]

●和光国際高校 Y.Y.さん 校舎:本川越

 私は高校3年間山手学院にお世話になりました。元々勉強習慣がなかったのですが、高校1年生から受講していたおかげで、余裕をもって学校の授業を受けることが出来ました実際、学校に行くよりも塾に行く方が楽しかったです。勉強へのモチベーションが下がった時も塾に行くと頑張っている先輩方や友達、後輩がいました。怠けがちな私が勉強への意識を保つことが出来たのは、そんな皆の姿を1年生の頃から見ていたからだと思います。また、先生方にも親身に相談に乗っていただき、受験に対する嫌悪感がなくなりました。私は指定校と一般の両方を視野に入れ勉強していました。学校の授業で分かりにくかった所を相談したら個別に授業をしてくださったり、定期テスト対策の授業などもしていただきとても助かりました。また、塾の授業を通じて受験に向けた勉強を1・2年生の早い段階からできたので、3年生になったときに一般受験に対する不安はそれほどなかったです。
 山手学院には大変お世話になりました。本当にありがとうございました。進学先でもより学力を伸ばせるよう努めるとともに、色々なことにまたチャレンジしたいと思います。そして、皆さんが希望する進路に進めるよう願っています。